タグ:ライファー2016 ( 33 ) タグの人気記事

クリスマスに寒い山へ!

2016年12月24日 土曜日 晴れ058.gif クリスマスイブ



 街中はクリスマスの音楽と電飾などの飾りつけなどで盛り上がっています
そんなのなんのそのな感じで午前4時の目覚ましで起き山に芝刈りにに行きました ←オイオイ037.gif


そしてお家を出ると煌めくお星さまがキラリと光っていて放射冷却で息は白くなり冷え冷えです
公共交通機関を乗り継いで到着は1000時ちょっと前でした


到着した所は銀世界でした003.gif

あたり一面の雪・雪・雪・雪です
こんな所にあの目的の鳥さんはいるのだろうかと
ファンが通り過ぎる ← 正確には不安がよぎる(ファンなんていませんよね~)028.gif

積もっている雪はフワフワの状態で風が吹くと舞い上がって時折雪嵐になってました

雪の中を捜し歩いていると何かの動物の足跡を見つけました
小さめの足跡なので熊ではない事は確かだと思い込み先へ進みました
c0349842_21490442.jpg

それから30分・40分と時間は過ぎていきますが
全く他の鳥も含めて鳥が居ません
全く音の無い世界で
時折風が木を揺らすか私の長靴が雪に埋もれる以外音がしません
ファンです ← だから~不安でしょ(何を言うてんねん)037.gif

ある程度探して見切りをつけて逆方向を探して見る事にしました
すると足跡(上記写真参照 ← 実用参考書かいな~037.gif

どう見ても1人でなく2人のようです ← 推理小説風

先を越されたかとファンです ← もうー不安でしょ
目的の鳥さんはとても警戒心が強いので飛ばれたらアウトだからです

でもよく考えると足跡を頼りに道なき道を歩く事ができラッキーかもしれません
どこに落とし穴的な感じで雪の下がどうなっているか分からないからです

暫くすすんで川沿いを歩いて行くと鳥さんがやっと見れました
時刻は1120時でした


セグロセキレイ  背黒鶺鴒  Motacilla grandis  Japanese Wagtail  21cm     スズメ目セキレイ科
c0349842_21484634.jpg
日差しが強いせいか黒い背中も白飛びです

そして先に進みます
ちらりとカワガラスが見えたのですが
この子も警戒心は半端なく強いのでロストで残念~!

それから雪道を歩きながら川面に行き双眼鏡で探してを繰り返して40分ほどの事でした

双眼鏡の中に今までと違う感じのものが見えました
縞々模様です!!!!
えっ!
まさか!
ほんと!
どうしよう!

驚きを隠せません(ドキドキ胸キュン)

元々ダメ元でしたから見れなくても当然で探してましたので
えっ!
縞々!
確かに縞々!

後に下がり
身を低くして出来るだけ近づこうと思いました


近づいている途中で
案の定飛ばれました

しか~~し
見つけちゃった以上は
見逃すわけにはいきません

飛んだ先を見逃さないようにしっかりと目で追って見ていました

約80m先を左に曲がって停めてください ←タクシーに乗ってるんかい037.gif

そのあたりでした
ゆっくりと又近づいてみる事にします

だいたいこの辺かなと川面に行くと
行き過ぎていて

飛ばれました!!!!

目で行き先を追います

慎重に近づいて見ると


飛ばれ(三度目の正直者)
しかも後ろの森の方へ飛んでしまい
チャンチャン!かと諦めかけながらも
木々のスリットから鳥影を目で追いながら見ていると

なっ!なんと!

ブーメランの様に戻って来るではないですか

あわてて体を低姿勢に身構えて川に戻って来るのを待ちました


そして
降りた場所の近くへ今までで一番慎重に川の傍の木に行き
体を隠しながらそっと頭を上げて見ると

居ました!
岩と岩の間でじ~っとしていました




アオシギ  青鷸  Gallinago solitaria  Solitary Snipe  30cm    チドリ目シギ科

・タシギ類中最も大きい
・全体の斑紋は他のタシギ類と似ているが
頭部や体上面の縦線は黄白色で無く白い
・背や翼はオリーブ褐色を帯びている
・次列風切りの先は白くなく下雨覆には一面に斑紋がある
・声はグエッというしゃがれた声
・冬鳥として山地や丘陵地渓流畔や湿地に渡来するが多くない
・単独でいる事が多い

c0349842_21491361.jpg




暫くして
警戒心も薄れ動き始めました
c0349842_21491969.jpg



しかし

こちらに気づかれたかも
又警戒してじっとしました
c0349842_21492493.jpg





しかし何事もなくセーフです
動き始めてくれました
c0349842_21493799.jpg






何事もなく安心してエサ取りをしています
c0349842_21494440.jpg






c0349842_21494947.jpg





足も黄色いのがわかりました
c0349842_21495489.jpg






背中の縞模様も美しい~
c0349842_21500037.jpg

瞬くは様子を見ながら観察して
気づかれぬよう驚かさないようにし
引き下がりました





[PR]
by ikkoh88 | 2016-12-24 23:44 | アオシギ(青鷸) | Comments(4)

遠いけど!見れたよ

2016年12月10日 土曜日 快晴058.gif058.gif

 いままでキツツキ類で見た事があるのはアオゲラとコゲラだけでした
ですのでずっとこの子は見たいと思っていました
白と黒の色合いはとても和風的に見えますね

距離は100mほどあり遠いのですが見れてとても感激でした037.gif



アカゲラ  赤啄木鳥  Dendrocopos major  Great Spotted Woodpecker  24cm  41cm  キツツキ目キツツキ科 ライファー
c0349842_17115192.jpg


[PR]
by ikkoh88 | 2016-12-10 22:48 | アカゲラ(赤啄木鳥) | Comments(0)

さんふらわあ鳥見!2Ⅴ

2016年11月26日 晴れ058.gif 北風強く 波静か


 今回の航路で一番見たかった鳥といえばこの子です
最初に図鑑で見た時に尾羽の形が特徴的でした

このこも淡色型と暗色型いるよです
大きさはウミネコとほぼ同じくらいで

淡色型は頭上が黒く体や翼の上面が灰黒褐色で初列風切りには白班
体の下面は白
頸側は黄色で胸には褐色帯がある

嘴は太く先端は湾曲

トウゾクと名前に着いたいるのは他のカモメ類海鳥の獲物を空中で奪い取るかららしいですが
他の鳥も結構横取りしたりしているのでこの子達だけが悪者みたいな名前は可哀そうかなとも思います



トウゾクカモメ  盗賊鷗  Stercorarius pomarinus  Pomarine Skua  49cm  132cm  チドリ目トウゾクカモメ科  ライファー
c0349842_20383222.jpg



c0349842_20391182.jpg



c0349842_20391680.jpg



c0349842_20392606.jpg



c0349842_20393366.jpg



c0349842_20393745.jpg



c0349842_20394271.jpg






左:淡色  右:暗色かな
c0349842_20433722.jpg



[PR]
by ikkoh88 | 2016-11-28 23:48 | トウゾクカモメ(盗賊鴎) | Comments(0)

さんふらわあ鳥見!2Ⅳ

2016年11月26日 土曜日 晴れ058.gif 北風強く 波静か


 遠くを飛んいる群れをみたのですがそれと分かるかなな程度
唯一嘴が橙色に見えました




ウトウ  善知鳥  Cerorhinca monocerata  Rhinoceros Auklet  38cm    チドリ目ウミスズメ科  ライファー
c0349842_20383222.jpg
手前に飛んでいる鳥はフライングです037.gif



[PR]
by ikkoh88 | 2016-11-28 23:28 | ウトウ(善知鳥) | Comments(0)

さんふらわあ鳥見!2Ⅲ

2016年11月26日 土曜日 晴れ058.gif 北風強く 波静か


 この航路で見たかった鳥の一種はこの子でした
名前にカモメとついていますがチドリ目カモメ科ではなくミズナギドリ目なんですね

見た感じはクロアシアホウドリを小さくして嘴の色を変えた感じです
オオミズナギドリと比べて胴体は太く翼も幅広い感じです

嘴は太くて黄色い

暗色型と淡色型がいるようで出来れば両方見たかったです





フルマカモメ  管鼻鷗  Fulmarus glacialis  Northern Fulmar  49cm  107cm  ミズナギドリ目ミズナギドリ科
c0349842_20374175.jpg





c0349842_20374899.jpg





c0349842_20375357.jpg





c0349842_20375867.jpg

[PR]
by ikkoh88 | 2016-11-28 23:18 | フルマカモメ(管鼻鴎) | Comments(0)

4年ぶりの公園に!

2016年11月12日 土曜日 晴れ058.gif 暖かい    【公開日】2016年11月19日 土曜日
                              (翌日13日まで確認されてましたが14日には居なくなていたようです)


 11日金曜日の夜にお家を出て土曜日の朝0700時ごろには某電車のホームで電車を待っていました
電車が来る合図は♬トラーのパンツはいいパンツ強いぞ~強いぞ~♬5年はいても破れない♬の音楽が流れて耳から離れなくなっていました037.gif
そして一駅で最寄りの駅に着き公園へ約4年ぶりに着ました

 目的の鳥さんは一生に一度も見る事はないだろうと思っていましたが
会えるチャンスが来たと思い思い切って行く事にし会えるまではドキドキものでした

その場所は蓮があり水深も結構あるようで普通ならアオサギが居ていいような感じですが
この子しかいませんでした

しかし蓮の葉と茎がたくさんあり見るのにはそれはそれは至難の業でした037.gif

サギ科ですがヨシゴイ属なので水深があっても茎に掴まって移動できるので問題ないようです
数字上大きな感じですが結構小さく感じました
蓮の茎と葉の見え隠れする場所におり全身を見れるのかとおもいました

この子はまだ幼鳥らしく成長だともっと色が濃ゆい感じになるようです

餌となる魚はここでは豊富にあるようで
私が見ただけで8匹を食べていました

魚を飲み込むと長い首を通って終えると必ず水を飲んでいました



タカサゴクロサギ  高砂黒鷺  Ixobrychus flavicollis  Black Bittern  58cm  60cm  ペリカン目サギ科 1W ライファー


到着時はこんな感じで茎があり思うように見れません
c0349842_15325148.jpg



定位置で待って動いてくれるのを待つしかありません
c0349842_15332456.jpg




どうにか背中越しにほぼ全身を見る事ができました
c0349842_15333025.jpg




飛んで移動もしますが
泳いで移動もしていました
c0349842_15361356.jpg




茎に留まり魚の動きをじっと見つめていました ←やっぱりサギですね
c0349842_15363673.jpg




魚に狙いを定めて首を伸ばし
どんだけ~首を伸ばすねんといった感じで水の中にザブンと突っ込みました ←迫力満点です037.gif
c0349842_15364641.jpg




そしてゴミかと思いましたが・・・・    005.gif
c0349842_15370279.jpg




浮草などが取れると魚でした 034.gif
どもうブルーギルのようです
c0349842_15371012.jpg




足が大きいです
c0349842_15371887.jpg




やっと全身をみれました でも陽当たり良好すぎやん
c0349842_15372731.jpg




ちょいと雲が日差し除けになってくれいい感じに
c0349842_15373341.jpg




あ~また茎が被ってる~ですが
c0349842_15374427.jpg




またもブルーギを捕まえました
c0349842_15380198.jpg




こちらでもブルーギルを
c0349842_15381747.jpg






c0349842_15382551.jpg




暖かい地に行きたいのか日差しを見つめているようです
獅子のような毛並みですね
c0349842_15383065.jpg
無事に暖かい所にたどり着けますように



[PR]
by ikkoh88 | 2016-11-12 22:22 | タカサゴクロサギ(高砂黒鷺) | Comments(6)

ムシクイ!

2016年10月29日 土曜日 晴れ058.gif 無風→北風2m  【公開日 2016/11/14 11/10に抜けた模様ですので】


 寒くなってきましたので衣替えをする時に長袖シャツなどを出しますと
穴が開いていてムシクイになっていたりしますね!  ってそっちのムシクイかい037.gif

 0330時に目覚ましで起き準備を整えて家を出て一番電車に乗り更に乗り継ぎをして現地に向かいました
最寄りの駅に着き現地まで歩きながらまだ居てくれる事だけを願っていました

 以前某鳥雑誌 ←(バーダーてわかるやん)を読んでいて名前を見ていたはずなのですが
縁のない一生に一度会える会えないの鳥さんなのですっかり忘れておりました
到着すると居ました 感激~!016.gif

枝から枝にすばしっこく動き回って餌となる虫を探しているようで時々止まり羽繕いなど繰り返していました



モリムシクイ  森虫喰  Phylloscopus sibilatrix  Wood Warbler  13cm    スズメ目ムシクイ科

過去に北海道・石川県や日本海側の島などで全て秋(9月中旬から下旬)の記録があるようです

特徴

初列風切りが長く尾は短い

上面は黄色味が強い緑色

下面は白い 喉から胸はレモン色 コントラストが明瞭

眉班は鮮黄色で明瞭、翼帯はない
下嘴はだいだい色

地鳴きは「ジッ、ジッ」と濁る

さえずりは金属的で「フイッフイッフイッ・・・ピピピピ」と徐々に速く細かい声になる
板の上で硬貨を指ではじき、回転するときに出る音に似る

さえずりは金属的で「フイッフイッフイッ・・・ピピピピ」と徐々に速く細かい声になる
板の上で硬貨を指ではじき、回転するときに出る音に似る


034.gifメボソムシクイと似ているようですが違う観察ポイント
  上面の色、
  下面の色、
  過眼線、
  初列風切の突出の違い(短い)
  地鳴きの違い(メボソは、濁った声)




上面は黄色味が強い緑色
c0349842_22292348.jpg








下面は白い
c0349842_22293616.jpg








眉班は鮮黄色で明瞭
c0349842_22295336.jpg







喉から胸はレモン色がわかります
c0349842_22300404.jpg







初列風切りが長く尾は短い
c0349842_22301279.jpg








枝から枝へと
c0349842_22302968.jpg







小枝にびっしりと触角の長い虫が居て食べていました
c0349842_22303728.jpg






小枝の虫を銜えた瞬間別の虫が落下
c0349842_22304627.jpg
この虫は断定できませんがチャタテムシではと聞いてます










食欲旺盛に虫を食べていました
c0349842_22305143.jpg
虫を食べるときに枝への衝撃で
あれーご飯粒がポロポロ落ちるみたいに落ちていきました ←もったいない








眉班が明瞭にわかりました
c0349842_22305859.jpg






やっぱり風切りが長いし眉班も明瞭
c0349842_22310406.jpg

[PR]
by ikkoh88 | 2016-10-29 22:22 | モリムシクイ(森虫喰) | Comments(3)

さんふらわあ鳥見!Ⅳ

2016年09月24日 土曜日 晴れ058.gif 北風10m~5m ― 25日 日曜日 曇りのち晴れ058.gif 南風5m~10m


 乗船して13時間後だいたい青森県沖だと思います
24-25日で3個体を見る事ができ嬉しいライファーとなりました

背中と翼の上面は黒褐色
体の残り部分のほとんどは白い
目の前と尾は黒い
翼の下面は白くて黒い縁どりと一部に斑紋がある
嘴は淡紅色で先端が少し青色を帯び
足は淡紅色

コアホウドリ  小信天翁  Diomedea immutabilis  Laysan albatross  81cm  200cm  ミズナギドリ目アホウドリ科 ライファー
c0349842_22093551.jpg
ピンボケなのは私がコアホウだからです023.gif







c0349842_22094204.jpg






9月25日 0635時に再び青森県沖にて
c0349842_22095080.jpg







c0349842_22095819.jpg



[PR]
by ikkoh88 | 2016-09-26 22:40 | コアホウドリ(小信天翁) | Comments(2)

大きな燕尾服!

2016年09月04日 日曜日 曇り☁のち晴れ058.gif


 外出する時は雨が降るか降らないかで荷物の量が変わるため天気予報は常にチェックしていますが
絶対予報通りと言うわけでもありませんので難しいですね

そんなこんなで土曜日はお天気が良かったので命の洗濯でノンビリとお家で過ごして
日曜日はどうしようかなと天気予報を調べると降水確率が高く止めとこうかどうしようか悩んでいました

朝になり起きると晴れています雨雲レーダーをチェックすると大した事なさそうでしたので出かける事にしました
いつもの朝早い時間帯と違い人込みの時間帯に電車に乗って到着駅に着いてさらに1時間ほど歩いて現地到着はお昼のサイレン前に到着しました037.gif

時折雨雲が風に吹かれてお日様が隠れる程度ですが晴れていて風もそこそこあり気温も高めでした

現地到着時に明らかにバーダーさんと分かる車が移動していてました
他にも同じ目的の方が居られお話を聞いてみますと今日は朝から見れてないとの事でした
と言うことは未だ見れていないつまりはチャンスこれから出るかもしれないと思いつつ
♪わたし~ま~つ~わ!いつまでもま~つ~わ!♪と言っても夕方が言ですけどね037.gif

そして常に空を360°確認していました

到着して4時間が経過しウミネコ達が海から群れで戻ってきていました
もしかしてこの群れを追ってもれなく来てくれないかな~な ← グリコのおまけか! 
1%の期待をするのでした037.gif

それから少しして北の方角を見ると真黒な影がウにしては絶対大きいと思いました
距離は400mはあったと思います
手が震える感動となり近くにいたバーダーさん達にも「来ましたよ~」と声をかけ
あそこに飛んでますと指をさしていました

それはそれは大きな翼で絶対ウでなくまぎれもなくグンカンでした

そして皆で私も入れて4人ほどですがこっちに来ないかな~と祈りながら見守っていました
旋回を繰り返しながらもだんだんとこちらに近づいています

よく見ると頭は白くなく幼鳥でもありません
前日まで見られていたオオグンカンドリ幼鳥とは明らかに違っていました


コグンカンドリ  小軍艦鳥  Fregata ariel  Lesser Frigatebird  79cm  180cm  カツオドリ目グンカンドリ科 ライファー


ピンボケですがまずは証拠をパチリ
c0349842_21293267.jpg





オオグンカンドリを見たかったのでてっきりそれと思っていました
しかし本当にオオグンカンドリなのか家に帰り調べると
脇に白班があるのはコグンカンドリである事が分かりました

頭も黒いので幼鳥ではありません
c0349842_21294053.jpg




グンカンドリ類は2年目の若鳥までオス・メスは見分けられないようです
3年目からオス・メスがわかるそうです

オスの特徴である喉は赤くりませんがお腹全体が白くなく
脇の白班であるためオス♂と思われます
c0349842_21294473.jpg






c0349842_21300882.jpg





c0349842_21301407.jpg





このあと一度遠くに行ってしまったのですが
もう一度戻って来て近くを旋回してくれました ラッキー!
c0349842_21302145.jpg





c0349842_21302531.jpg





c0349842_21303001.jpg


[PR]
by ikkoh88 | 2016-09-04 23:40 | コグンカンドリ(小軍艦鳥) | Comments(0)

やっと見れました!

2016年08月27日 土曜日 曇り☁



 前々から見たい見たいとおもっていました
たくさんのアジサシが飛んでいましたので別の個体が混じって居ないかなと双眼鏡でみますと
白い中に黒く目立つ個体がいました

やっと念願がかない見る事ができました


ハジロクロハラアジサシ  羽白黒腹鯵刺  Chlidonias leucopterus  White-winged Black Tern  24cm     チドリ目カモメ科  ライファー


嘴は短小で尾は短い
夏羽では下雨覆が黒く 翼の上面・尾・下尾筒は白い
嘴は暗赤色 足は赤い
c0349842_22034949.jpg





換羽中のため斑模様になっています
c0349842_22035305.jpg

[PR]
by ikkoh88 | 2016-08-27 21:54 | ハジロクロハラアジサシ(羽白黒腹鯵刺) | Comments(0)