<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年も食べ放題

2015年09月27日 日曜日 058.gif 十五夜(スーパームーン前日)

 お昼頃田んぼを見て回った後に
お目目のクリクリした可愛い蝦夷や鮫や小さい鮫のヒタキ類が見れたらいいなと思い舞岡公園に行きました
しかし通過済みのようで夕方まで待ってみましたが太陽が後30分で沈みそうで引き上げる事にしました
とりあえず公園を出るまでは鳥見道具はそのままで歩いていると居ました037.gif

今年も会いたいな~と思っていたトケンです
しかしトケン類は似た者どおしのようでカッコウ、ホトトギス、ツツドリは良く似てますね
ムシクイと一緒で鳴いてくれるとハッキリしますよね
でも鳴いているのは春の渡りの時期で私が春に聞く声で一番多いのはホトトギスです(特許出願中でなく特許許可局)037.gif
次にツツドリであのポポッポポッと携帯の音のようにも聞こえますね
カッコウ(天ぷら揚げたてでなくテッペンタケタカ)は耳にするのが少なくてまだ聞いた事がないのがサッカーイレブンじゃなくて11です037.gif

それでこの時期に通過のトケン類はやはり幼鳥が多いかなと思います034.gif
どの鳥も先に帰るのは親が先で後から子供が帰るようですね

双眼鏡で見ると尾羽の内側の縞模様が太く見えましたのでツツドリだと思います
よく見ますと葉っぱには毛虫がいっぱいいるようでムシャムシャと大食いでここでは食べ放題のようでした037.gif


ツツドリ  筒鳥   Cuculus saturatus   Oriental Cuckoo  32.5cm    カッコウ目カッコウ科
c0349842_22243566.jpg





[PR]
by ikkoh88 | 2015-09-27 22:24 | ツツドリ(筒鳥) | Comments(4)

中は小を兼ねない

2015年09月27日 日曜日 058.gif 十五夜(スーパームーン前日)

 草地の中にサギ類が集まっていました
大中小と揃っていたのですが恥ずかしがったダイサギは飛んで行ってしまいました
この場所のほとんどはコサギですが2羽だけ嘴が黄色くその先が黒く隣にいるコサギより嘴が短く見えました(図鑑どおりです)

以前はコウノトリ目だったんですが今はペリカン目になっているんですね037.gif

チュウサギ  中鷺  Ardea intermedia  Intermediate Egret  68.5cm    ペリカン目サギ科
c0349842_22240724.jpg


                他人の関係みたい037.gif
c0349842_22242060.jpg

       同じ方向を向いてくれると少し奥に居るコサギの嘴が長く見えますね034.gif
c0349842_22242897.jpg

[PR]
by ikkoh88 | 2015-09-27 20:18 | チュウサギ(中鷺) | Comments(0)

ボウズ逃れ

2015年09月22日 火曜日 国民の休日 058.gif(快晴)

  21日からライチョウを見たくて室堂平に入りました
夕方近い時間から日暮れまで探しましたが見つからず日没となり2日目の22日午前中を目途に探す予定でした
焦りと周りの景色に見とれてしまい結局見つける事は出来ませんでした

昔の営業スタイルだと「撮れるまで帰ってくるな~」って感じで気負っておりました(嘘嘘)
タイムリミットは13時には撤収しなければなりません時計の針は12時を過ぎました(あ~)

それから少ししてハイマツの中を「鳥だ~!飛行機だ~」な感じでスピード感ある動くものが見えました
一瞬小動物かと思い双眼鏡で確認すると小鳥でしたこの時点では鳥影だけしか判りません

そして少し離れたハイマツに飛び移ったかと思えば宙返りして元のハイマツへ戻り見えなくなりました
それから又現れて目の前10mほどの所に留まってくれました

最初はウグイス!かと思いましたがここは標高約2430m地点なのでこんな所に居るわけがないと思いました
残念ながら識別眼が無い私にはこの時点ではムシクイだろうとしか思いませんでした

しかしムシクイの識別はやはり鳴き声が一番なのですが鳴きませんので悩みました
この個体を見れたのはほとんどが左側で眉班はありますが途中で切れているように見えハッキリしなかった事

頭央線が見えませんのでセンダイムシクイではない事
大型で頸が太く頭が大きく(長く)がっしりしたスタイルである事
初列風切が長く雨覆いとの差が大きい事
体の上面がオリーブ色で下面は淡い黄緑色
下嘴の先部分に暗色が見える事などから判断しました

もし間違ってましたらご指摘頂ければ幸いです


メボソムシクイ  目細虫喰  Phylloscopus borealis  Arctic warbler  13cm    スズメ目ムシクイ科 ライファー


                この植物(名前はわかりませんが)の実を食べにきました
c0349842_21460273.jpg

                 お口の中に種子が入りました
c0349842_21461027.jpg


                こちらに気が付いたようです037.gif
c0349842_21462200.jpg


         上にある実でなく隣の実を狙っているようですが・・・・
c0349842_21462926.jpg



        見てないで取ってよと言わんばかりにジロリと見られました037.gif
c0349842_21463747.jpg


               ソッポを向かれました037.gif
c0349842_21464686.jpg


               右側の眉班は細くちゃんと繋がっているようです
c0349842_21465315.jpg


             やっぱりさっきの実にしようかななのか上を見て警戒しているのか
c0349842_21470132.jpg



c0349842_21470837.jpg


c0349842_21471620.jpg

 南方へ帰るためにたくさん食べて元気に渡ってほしいものですね
 この子に会えませんでしたらホントにボウズでした(笑)

 でも鳴いてたら私が逃げたかもしれません
 だって銭取り!銭取!って鳴きますから借金取りは嫌ですから(笑)







[PR]
by ikkoh88 | 2015-09-22 23:48 | メボソムシクイ(目細虫喰) | Comments(0)

立山黒部アルペンルートへ

2015年09月21日 月曜日 敬老の日058.gif ~ 22日 火曜日 国民の休日058.gif


 前々からライチョウを見たくてどこに行けば見れるのか
高山に居る事は前から知っていましたが調べ始めたのは8月後半になってからでした(←遅いなあ~)037.gif

最近では数も減っているとかでニホンザルに食べられているニュースが流れた時は自然の事とは言え複雑な感じでしたね
更に某動物園での人工飼育でヒナ全部が死んでしまったそうで数を増やすのも簡単ではないようですね
そういうニュースを見聞きしますと今のうちにと思ったしだいです

そして場所は富山県立山町の室堂にしました
日頃は日帰りの鳥見ですがどう見ても日帰りは無理なので一泊でなんとかと思い宿も取れてこの日を待ちました

朝一番電車に乗って気が付いたら長野県の信濃大町駅に着いていました037.gif
この時点でお昼を過ぎています(やっぱり日帰りは無理ですね)
c0349842_17182014.jpg

 信濃大町駅からバスで扇沢駅に行くのですがSWで大渋滞し普通なら40分ほどの所が80分ほどかかりました
そして扇沢駅から関電トロリーバスで黒部ダムへ行きました

 この黒部ダムへのトンネルは元々は観光用でななくダムを作るために掘られたトンネルらしく
工事完成までに多くの殉職された方々がおられますのでダム東側にある殉職者慰霊碑で手を合わせてからダムを渡りました
c0349842_17182757.jpg


 それからケーブルカーとロープウエイと又トロリーバス(昔は東京でも走ってましたが今ではここの2か所だけだそうです)を乗り継ぎ
立山室堂平に到着したのは15時を過ぎていました(ほらー日帰りは無理無理)037.gif

 この場所は標高2450mあり富士山の五合目に相当するようです
到着時はガスがかかり寒々としていて回りの山々は見えませんでした

 ここからお宿まで行くまでのわずかな時間に双眼鏡とカメラを持って探鳥開始です(今からかいな~)
16時半ごろ立山自然保護センターにも寄って情報収集してみるとなんと15時30分頃に目撃されたそうです(残念!)
c0349842_17190116.jpg

      宿に入り荷物を置いて明るいうちに探すだけ探してみました
     しかしながら本日の鳥運は無しでした

           まあそれでも綺麗な夕日の当たる立山三山をバックにみくりが池が見れたのは良かったです019.gif
c0349842_17191365.jpg



         西の空には綺麗な夕暮れを見る事ができました(明日に期待)
c0349842_17284724.jpg

   そして美味しい夕食を済ませて部屋へ戻ってから暫くして
  星空を期待して20時ごろに外に出てみましたが雲が多く天頂に星が一つとおぼろげな月が一瞬見えた程度で外はとても寒かったです

   それから温泉に入りに行きました
  泉質は単純硫黄泉で白い濁り湯につかり久々に足を延ばしてお風呂に入れる贅沢をしました037.gif

 それから寝床に着き長旅の疲れかいつの間にか寝てしまいました おそらく大鼾だったかも(笑)


 9月22日
  5時過ぎに目覚め朝食前に周りを散歩してみました
 昨日の空とは違って快晴で雲がなく気持ちよい朝でした
 しかし天気が良いのはライチョウを見るには出が悪いのではと頭をよぎります
 ライチョウは雷の鳴るようなお天気でないと活動しないとからしいですが(猛禽に見つからないようするため)
 回りの風景にマッチする保護色なのでお天気がよくても見れる時もあるようですね
 まあ見れるのは鳥運しだいのようです

c0349842_17285771.jpg

    チェックアウトまでの時間まで探鳥開始です
  日差しが強くなり風もほとんどなく気温が上がり朝着込んだ分歩くだけで汗をかきました
  残念ながらライチョウは見れませんチェックアウト前にもどり朝食をすませ身軽な服装にしてチェックアウトしました(正解でした)034.gif

  帰宅時間までの間に探せるだけ探してみました

 さてさてライチョウが見れなくても周りの良すぎる雄大な景色に感激でした
c0349842_17302348.jpg

        この場所では所々に残雪があり富士山はここより高く雪は解けているのにと不思議に思いました
c0349842_17304021.jpg
  残念ながら結局ライチョウには会えませんでした

   そして帰宅時間となり昨日と同じルートで戻る事にしました
  やはりSWで多くの観光や登山の方々で鳥見をしているのは私だけかと思いましたが他にラチョウ探しにこられた方に会い
  「ライチョウ見ましたか?」と聞かれましたが私もまだなんですとしか言えませんでした007.gif

c0349842_17305041.jpg

c0349842_17310006.jpg

          そして電車に乗って帰る事にお家に着いたのはシンデレラタイムでした037.gif
c0349842_17311125.jpg
   肝心の鳥見ですが
  最初に見た1羽目は22日朝食前探鳥時に小鳥が北東に向かって飛んで行く姿を見ました
  色合いからしてカヤクグリだったかもしれません
  室堂平周辺を探鳥しましたがライチョウは見れずでした

  22日残り時間1時間を切った12時過ぎに1羽の小鳥がハイマツの枝の間をすり抜けていく姿を発見しました
  その鳥はバフ色のように見えウグイスのようにも見えました
  この場所で見れる鳥はイワヒバリかカヤクグリかホシガラスだと思いますが
  その鳥は大きくありませんのでホシガラスではありませんしイワヒバリでもありませんでした
  カヤクグリより少し大きく色合い的にカヤクグリで無いことまでは分かりました

  標高2450mにウグイスは居ないかなと思いますしよく見るとムシクイ類のようでした
 なんとか証拠写真程度が撮れました
 おそらく一般的なムシクイ種とおもいますがセンダイムシクイでも無いと思いますが判ったらアップしたいと思います
 たぶん!な~んだあの鳥(一般的な)と思いますので037.gif

 こうして一泊鳥見旅行は立山紅葉見物になりました
この地まで運んで頂いた方々や温泉にゆっくりつかり美味しいものを頂き温かいお布団で寝かせて頂いた皆様には感謝!感謝!です
そして「行ってらっしゃい」と言ってくれた妻にも感謝し写真でなく今度は直に見せてあげたいと思いました

来年再挑戦するカモしれません
おしまい















[PR]
by ikkoh88 | 2015-09-22 23:08 | 宿泊鳥見 | Comments(2)

SW近所の公園

2015年09月20日 日曜日 058.gif



 9月と言えば秋の渡りの季節でどこに行こうかと思っていましたがこれとなく日が過ぎ彼岸となりました
結局朝起きて朝飯前に近所の公園に行ってみる事にしました
公園は人もほとんど居ませんが野鳥も殆ど居ないようでした歩いていると突然アオゲラの声がしますが葉の生い茂る上の方で一瞬鳥影が見れた程度でした
公園には銀杏が落ちていて実りの秋なんだな~と思いながら見ると赤い実のなる木がありました
そこにはまだクールビズ季節にちゃんとネクタイを締めたあの鳥が居ました037.gif

シジュウカラ  四十雀  Parus minor  Japanese Tit   14.5cm   スズメ目シジュウカラ科

c0349842_20270478.jpg


                    赤い実を美味しそうに食べています
c0349842_20271108.jpg

c0349842_20271875.jpg

                     こちらでも赤い実を
c0349842_20272597.jpg

c0349842_20273501.jpg

                この子は幼鳥のようでした
c0349842_20274252.jpg
   せっかくのお休みなので明日から奮発して一泊鳥見でそれも温泉宿に留まります
 過去にお泊り鳥見はした事はありますが寒い冬の車中泊しかした事がありませんでした
なんかバチが当たりそうで!いや雷に会うかもしれません037.gif

[PR]
by ikkoh88 | 2015-09-20 20:48 | シジュウカラ(四十雀) | Comments(2)

山に遠足

2015年09月12日 058.gif 

 山に遠足に行きました
トケン類が居ればなと思いましたが見当たりませんでした
代わりに定番のシジュウカラ、ヤマガラが鳴いています
先日までの雨で道に雨が流れているところがありキセキレイが居ました
更にすすんで行くとまだ残っているオオルリが虫を食べていました

時折アオゲラの声もしています
頭の木の上では突然カケスも鳴きチョットビックリでした

歩いている川沿いでケッ!ケッ!と鳴き声がし上流から近づいてきました
下を見るとヤマセミが枝にとまっているのが見えましたが直ぐに川下に飛んで行きました(10:00頃)
それから暫く待ちますが現れませんでした

それからオニギリを食べて又一回りするも会えずに時間は16時を回りました

それから30分くらいして又あの声が近づいてくるではありませんか
チョット素通りして離れた木の枝に留まってくれました約20分はそこに留まって飛んで行きました

それからまた約20分すると別の個体2羽目が同じようにやって来て10分ほどで飛んで行き
そのあと3羽目個体(写真なし)が来ましたがカワセミとおっかけごっこするように直ぐに行ってしまいました

約1時間の間に3個体も見れました
和風な色合いの鹿の子模様で可愛い目や特徴的な頭を見れてとても嬉しかったです019.gif

午前中に見た個体はそのうちの1羽だと思います016.gif
ヤマセミに近くで会えるのは久しぶりです
何回見ても嬉しいもののです037.gif


ヤマセミ  山翡翠  Megaceryle lugubris    Crested Kingfisher    37.5cm    67cm    ブッポウソウ目カワセミ科
c0349842_19065942.jpg

c0349842_19020434.jpg

               2羽目のヤマセミ
c0349842_19022170.jpg

c0349842_19024384.jpg



[PR]
by ikkoh88 | 2015-09-12 22:08 | ヤマセミ(山翡翠) | Comments(0)