カテゴリ:メリケンキアシシギ(メリケン黄脚鷸)( 2 )

メリケンサンバ

2015年05月23日 土曜日 058.gif

 遠い南の赤道より向こうからやって来て日本の太平洋岸で一休みし
また北のアラスカ方面へ旅立つこの子達サンバ(三羽)に会えました019.gif

キアシシギとメリケンキアシシギの違いで決定的なのは鳴き声でしょうか
キアシシギはビューイですが
メリケンキアシシギはビッビッビッビッと連続した声ですね037.gif

見た目だと判別が難しい場合がありますね
メリケンキアシシギは胸からお尻までまでの縞模様が濃い感じですが今は夏羽でそのように見分けられますが
冬羽を見た事はありませんが見わけが難しいとの事です
あとは嘴の鼻孔の溝の長さで識別もできます
メリケンキアシシギは鼻孔の溝が長く嘴の先に向かって半分近くまでありますが
キアシシギは溝が長くありません


メリケンキアシシギ  メリケン黄脚鷸  Tringa incanus  Wandering Tattler  28cm     チドリ目シギ科


        一羽目 眉班がほぼ真っ直ぐな個体
                左右の肩付近を痛めているように見えました
c0349842_20060503.jpg

c0349842_20061111.jpg


        ニ羽目 眉班が盛り上がった感じで
             やはり肩羽を痛めているようでした
c0349842_20061855.jpg

c0349842_20062581.jpg


        三羽目 眉班はほぼ真っ直ぐでした
             肩羽は痛めては無いようです
c0349842_20063232.jpg

c0349842_20063846.jpg

c0349842_20064512.jpg



メリケンキアシシギの嘴の鼻孔の溝は長く嘴の半分くらいの所まであります
c0349842_18311885.jpg


キアシシギの嘴の鼻孔にはほとんど溝がありません
c0349842_18312689.jpg

[PR]
by ikkoh88 | 2015-05-23 20:04 | メリケンキアシシギ(メリケン黄脚鷸) | Comments(0)

小麦粉

2014年05月25日 日曜日 058.gif晴れ 海上の風強い



 小麦粉とタイトルにしておりますがこれはメリケンコの事でメリケンの個体と言う意味で使っておりました
つまりはメリケンキアシシギの事になります
 2年前から探しておりまだ見た事がありませんでした

 昨年は2回しか回っておらず今年の5月になったら必ずやライファーにと思っておりました
GW明けの10日過ぎあたりだろうと予測しており呑気に構えておりました
しかし5月のGWにはすでに見られた方が居られ焦りがでてしまいました

 前日までこの5月だけで6度で歩いた歩数は帰りも含めて18万歩になりました
正直諦めて来年かなと4回目あたりから思ってしまいました野鳥五月病状態です(汗)

 この日外せない用事があり午前中が過ぎ用事をしながらこのまま本当に来年かと思いながら
考えていて最後にもう一か所行っていない所へ本当にダメ元で行ってみてから
今年は諦める事にしようと思いました

 最寄りの駅に着いたのは14時過ぎで それから海岸沿いに歩いていると
鵜の大群が浮かんでいたりその手前にはキンクロハジロが20羽くらいまだ居ました
更に歩いているとキアシシギが3羽いてフナ虫を探しているようでした

 50分ほど歩いて波消しブロックが有る所ににたどり着きそこから直線に歩いて探してみました
すると1羽1本足で立って寝ている個体が居ましたが双眼鏡で見るとキアシシギでした

 波消しブロックに立ってくれていれば見つけやすいのですが何せブロックと同じような色をしていますので
肉眼で眺めても探すのは難しく歩きながら居ないかなと探し続けるしかありませんでした

 歩けども行けども居ませんのでやっぱりダメなのかなと思いながらも歩いていると
突然防犯ブザーのような声がして1羽の鳥が飛んで行きました
波消しブロックの見えない所に1羽の鳥が居たようでした

 飛んで行く時にピッピッピッピッピッその鳴き声は明らかにキアシシギの声ピューイとは違っていました
大きさからしてキアシシギ位で着地するまで待ってから双眼鏡で見るとキアシシギのようです
ゆっくりと歩いて行き再度双眼鏡で見ると
下尾筒に黒い波形の横縞が密にあるではありませんか

感動の対面でした

メリケンキアシシギ  メリケン黄脚鷸  Tringa incanus  Wandering Tattler  28cm    チドリ目シギ科  ライファー

特徴である嘴の鼻孔から続く溝は嘴の2/3くらいの長さがあります
c0349842_14002099.jpg





黄色くてがっしりとした足
c0349842_14002683.jpg






黒くてまっすぐな嘴
c0349842_14003008.jpg





?蹠の後面は網目状の鱗模様となっている
c0349842_14003483.jpg







時折波が打ち寄せています
c0349842_14003846.jpg


メリケンキアシシギは南太平洋域から日本の太平洋岸経由で千島列島そしてアリュウシャン経由で
アラスカ方面へ自力で行くのですから大変だと思います
無事にたどり着きまた来年も立ち寄ってくれる事を願うばかりです


他に見た鳥:オナガ、ムクドリ、コアジサシ、トウネン、コチドリ、ヒバリ、スズメ、カラス

ブツブツとツイート:この時期黄色いバナナと8色が飛んでそうやな~!ナンキン豆殻オシて食べたいな(笑)037.gif

 じゃ次行ってみよう!(笑)


[PR]
by ikkoh88 | 2014-05-25 21:08 | メリケンキアシシギ(メリケン黄脚鷸) | Comments(0)