カテゴリ:コグンカンドリ(小軍艦鳥)( 1 )

大きな燕尾服!

2016年09月04日 日曜日 曇り☁のち晴れ058.gif


 外出する時は雨が降るか降らないかで荷物の量が変わるため天気予報は常にチェックしていますが
絶対予報通りと言うわけでもありませんので難しいですね

そんなこんなで土曜日はお天気が良かったので命の洗濯でノンビリとお家で過ごして
日曜日はどうしようかなと天気予報を調べると降水確率が高く止めとこうかどうしようか悩んでいました

朝になり起きると晴れています雨雲レーダーをチェックすると大した事なさそうでしたので出かける事にしました
いつもの朝早い時間帯と違い人込みの時間帯に電車に乗って到着駅に着いてさらに1時間ほど歩いて現地到着はお昼のサイレン前に到着しました037.gif

時折雨雲が風に吹かれてお日様が隠れる程度ですが晴れていて風もそこそこあり気温も高めでした

現地到着時に明らかにバーダーさんと分かる車が移動していてました
他にも同じ目的の方が居られお話を聞いてみますと今日は朝から見れてないとの事でした
と言うことは未だ見れていないつまりはチャンスこれから出るかもしれないと思いつつ
♪わたし~ま~つ~わ!いつまでもま~つ~わ!♪と言っても夕方が言ですけどね037.gif

そして常に空を360°確認していました

到着して4時間が経過しウミネコ達が海から群れで戻ってきていました
もしかしてこの群れを追ってもれなく来てくれないかな~な ← グリコのおまけか! 
1%の期待をするのでした037.gif

それから少しして北の方角を見ると真黒な影がウにしては絶対大きいと思いました
距離は400mはあったと思います
手が震える感動となり近くにいたバーダーさん達にも「来ましたよ~」と声をかけ
あそこに飛んでますと指をさしていました

それはそれは大きな翼で絶対ウでなくまぎれもなくグンカンでした

そして皆で私も入れて4人ほどですがこっちに来ないかな~と祈りながら見守っていました
旋回を繰り返しながらもだんだんとこちらに近づいています

よく見ると頭は白くなく幼鳥でもありません
前日まで見られていたオオグンカンドリ幼鳥とは明らかに違っていました


コグンカンドリ  小軍艦鳥  Fregata ariel  Lesser Frigatebird  79cm  180cm  カツオドリ目グンカンドリ科 ライファー


ピンボケですがまずは証拠をパチリ
c0349842_21293267.jpg





オオグンカンドリを見たかったのでてっきりそれと思っていました
しかし本当にオオグンカンドリなのか家に帰り調べると
脇に白班があるのはコグンカンドリである事が分かりました

頭も黒いので幼鳥ではありません
c0349842_21294053.jpg




グンカンドリ類は2年目の若鳥までオス・メスは見分けられないようです
3年目からオス・メスがわかるそうです

オスの特徴である喉は赤くりませんがお腹全体が白くなく
脇の白班であるためオス♂と思われます
c0349842_21294473.jpg






c0349842_21300882.jpg





c0349842_21301407.jpg





このあと一度遠くに行ってしまったのですが
もう一度戻って来て近くを旋回してくれました ラッキー!
c0349842_21302145.jpg





c0349842_21302531.jpg





c0349842_21303001.jpg


[PR]
by ikkoh88 | 2016-09-04 23:40 | コグンカンドリ(小軍艦鳥) | Comments(0)