カテゴリ:ライチョウ(雷鳥)( 2 )

Thunderbirds Are(へ) GO!Ⅱ

2016年06月04日 土曜日 曇り☁ ~ 05日 日曜日 晴れ058.gif



 最初に見たライチョウは右足にオレンジ色で左足に緑の足環(仮名:ライチョウ0号)をつけていました
※仮名は私が見た個体が同一個体か別個体かを分けるため勝手にこのブログ上だけでで使っているだけですのでご容赦ください

飛んで行ったあとは探すしかありませんでした

到着が前回より2時間も早く日暮れの時間も長いのでまあきっともう一羽くらい会えるだろうと思っていました

それから15分ほどして
崖を見下ろす所に行ってみて見下ろしますとライチョウ♂の姿を発見しました
距離は100mもないですがちょっと遠くライチョウもゆったりとした感じを見る事ができました

ずっとずっと!見たかった念願のライチョウをこの目でしっかりと見る事ができ
超~ ← (私はブルースリーでは無いですが)
   感激です!037.gif
 双眼鏡でよく観察してみますと
このライチョウは右足オレンジ・左足黄色の足環がついていました
最初に見たライチョウ0号の足環の色と違っていますので明らかに別個体です(仮名:ライチョウ2号)


ライチョウ  雷鳥  Lagopus muta  Rock Ptarmigan  37cm    キジ目キジ科ライチョウ属 ライファー



自分の縄張りを岩の上で見張っていました
(仮名:ライチョウ2号)
c0349842_20181044.jpg


岩場から降りて今度は反対方向見張っていました
c0349842_20181534.jpg



ライチョウ2号が岩から降りている間に
イワヒバリが来ています
もしこれが別のライチョウだったら
ゴアーと鳴いて飛んで行き追い払う行動をするのですが
何事もなく平穏でした
c0349842_20181990.jpg




そして次に見たライチョウは
右足青色で左足緑色の足環をしています(仮名:ライチョウ1号)
この場所では通称
「たろう」と
呼ばれているようです
c0349842_20190602.jpg
すでにこの時期は夏羽になっており
頭上から首・背・肩羽は黒褐色と黒の班で腰と上尾筒は灰褐色と黒の横班で尾は黒


目の上には赤い肉冠があり
喉には白と黒褐色の班
胸には灰褐色と黒の班
腹部は白い

c0349842_20191134.jpg
因みに足元にあるのはライチョウのフンでございます037.gif




ライチョウ1号のたろう君は自分の縄張りをこうやってパトロールです
雪渓の上を元気よく歩いていました
c0349842_20191760.jpg




メスのそばに居る時などは
目の上の赤い肉冠を大きくしていました
c0349842_20192355.jpg




足の指にも毛で覆われているのがわかります
c0349842_20193325.jpg


こちらは
たろう君の奥様です
c0349842_20194730.jpg




この夏羽の色で草の中に居たりしますと見つけるのは大変難しいです
c0349842_20195309.jpg



たろう君の奥様は綺麗好きで砂浴びを始めました
c0349842_20470758.jpg


気持ちよさそうな砂浴び 豪快に小石が飛んでいます037.gif
c0349842_20471228.jpg



たろう君は飛びながらも縄張りの見張りを怠りません
c0349842_20270116.jpg




そして日曜日の朝タロウ君夫婦はLOVE053.gifLOVE053.gifでした
c0349842_20272222.jpg




そして別の所では雪渓上にライチョウ3号
遠くて足環の色は確認できませんでした
c0349842_20273212.jpg




ライチョウ4号のご主人
右足の足環の色はオレンジ色
c0349842_20274216.jpg



寒いわけではないと思いますが片足立ち
c0349842_20274728.jpg



ライチョウ4号のご主人と奥様とのツーショット
c0349842_20280069.jpg




そして4号ご夫婦もLOVE053.gifLOVE053.gifでした
c0349842_20280541.jpg



ライチョウ5号
右足が白で左足は赤の足環をしています
c0349842_20282821.jpg





こちらはライチョウ6号で足環はしていませんでした
この場所はたろう君の近くだったため
たろう君が追いかけて縄張りの外に追い出されてしまいました
c0349842_20283334.jpg




ライチョウ7号♀は雪渓の上を歩いていました
右足に黄色い足環をしていました

オス(夫)の姿は確認できませんでした
c0349842_20284021.jpg




ライチョウ8号はゴアーと鳴きながら飛んでいました
足環は未確認
c0349842_20285298.jpg




034.gifこうして思っていた以上にライチョウを見る事ができました

ライチョウを絶対に見たい!と思っていました
いつ見に行くかは最初お盆ごろを考えていたのですが
思い切ってこの時期に行き
ライチョウの1年のほんの2日だけですが
いろいろなライチョウの姿を見れて大変満足する事が出来ました

前回はギリギリの時間まで粘って見れずでしたが
今回到着とほぼ同時に見ることができ2日間で多数のライチョウを見ましたので
少し余裕をもって帰る事にしお昼前には撤収準備をしながら移動開始をしました


最後の最後にもう一羽のライチョウが居ました
双眼鏡で見てみると
右足にオレンジ色で左足に緑の足環でした
あれっ!もしかしてと思いましたら

一番最初に見てピンボケ写真を撮ったライチョウ0号だったのです



僕だよ0号だよと見送りをしてくれたようで

まさに驚きと感動でした

c0349842_20290294.jpg

そして又乗り継ぎをして無事に帰宅する事ができました






[PR]
by ikkoh88 | 2016-06-05 23:40 | ライチョウ(雷鳥) | Comments(4)

Thunderbirds Are(へ) GO!

2016年06月04日 土曜日 曇り☁ ~ 05日 日曜日 晴れ058.gif




Five!・ジャ-ン・Four!・ジャ-ン・Three!・ジャ-ン・Two!・WAON!じゃなくてOne!(1号発信シーン)
Thunderbirds Are GO!の台詞懐かしいです!

国際救助隊として活躍するトレーシー家の活躍するTVドラマを子供のころ見ていました037.gif

何をごちゃごちゃと言うとんねんとお思いでしょうが!ご容赦を!

このタイトルの「Thunderbirds」はてっきりあの鳥の英名だと思っておりました
「Thunder」は雷で「birds」は鳥で○○ ← もう伏字にせんでも!バレバレやん037.gif

しかし調べてみると面白いですね
「Thunderbirds」はアメリカ大陸の先住民族に伝わる伝説の鳥のことで
雷の精霊として信じられており姿は大きな鷲で翼に雷のような模様があると伝えられているようです
昔懐かしのTVドラマのタイトルはこれに由来しているそうですね

もう一つ「サンダーバード」と言えば大阪と北陸を結ぶ特急列車があります
以前は特急「雷鳥」でしたが新型車両に代替わりし「スーパー雷鳥」をへて
雷はサンダーで鳥はバードで連想しやすい「サンダーバード」になっただそうです

と前置きがまだまだ続きますが  ← 長いな~

とういう事で昨年の成功の基(失敗)を糧にと思い今年のお盆に行こうかなと考えておりましたが
はやる気持ちを抑えきれずに勝手に今しかないと思い行くことにしました

問題はお天気です
土曜日は普通(雨なし)で日曜日が荒れ模様057.gifの予報で次の週末にするか悩みましたが行く事に

そして4日土曜日
 成功の基(失敗)となる第一は現地にどれだけ早い時間に到着できるかでした

今回は前回の普通電車でなく某特急電車(♪私は私はお家から 旅立ち~ま~す~♪ でも2号じゃないんです)037.gif
の指定席を取ろうとしましたが人気の列車らしく取れませんでしたので
自由席で切符をとり事前に混雑状況を把握し出発時刻の1時間前には駅のホームに並びました
勿論一番前になりました(笑)10分ほどすると後ろに人が並び始め乗車する時には長蛇の列となっていました
それから2時間40分に特急終点駅に着き乗り継ぎをして更に更に・・・・乗り継ぎを繰り返して
現地に到着したのは1330時頃でした(昨年は15時半頃着でした)

双眼鏡とカメラをセットし途中雪の上と雪の壁を歩いて探してみる事にしました

はたして!憧れのあの鳥 (←バレバレ)に会えるのか????


すると雪渓の中に動くものが見えました!間違いなくあの鳥です!

  感極まり言葉がでません!

写真は吹雪いている訳ではありません!

慌ててましたのでいつものこの程度です!ジャンジャン!

そしてこのあとすぐに飛んで行き見えなくなりました007.gif
c0349842_10301627.jpg
えっ!これでお終いかいな?

はたして! 続きはWebで!037.gif






[PR]
by ikkoh88 | 2016-06-05 23:08 | ライチョウ(雷鳥) | Comments(2)